052.和食を世界に広めるべく、訪日外国人向け料理教室がコミュニケーションの場に!

あなたは和食は好きですか? 今や、世界的にも和食が人気になってます。2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されてからというもの、世界中で日本食和食が人気を博しています。最近は、食べるだけではなく、作る体験も人気があります。

今回は、外国人向けに日本の家庭料理を教える教室を運営しているわしょクック株式会社の富永さんにお話を伺いました。

ニュージーランドでの体験がきっかけで、日本の家庭料理を広めたいと思い、身近にいる外国人の方に日本食を教え始めた富永さん。富永さんの話を聞いて、一番強く思ったことは、料理もコミュニケーションの一種なんだなということです。

コミュニケーションは、他の誰かと、気持ちや考えを交換し合うっていうもので、その入り口に料理教室があって、料理教室で外国人の方と日本の方が、自分たちの意見だったり文化だったりを交換し合う場になっているんじゃないかなと思いました。
そして、自分にとってコミュニケーションの入り口は何だろうと考えるきっかけにもなりました。富永さん、ありがとうございました。

わしょクック株式会社 代表取締役社長 富永紀子さん

【今回のゲスト】
わしょクック株式会社 代表取締役社長 富永紀子さん
https://washocook.com/

ポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボ
https://koelab.co.jp/

『経営者の志』出演申し込み
https://spirit.koelab.net/recruitment/